×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

          第六話

 

 

 

ふぅ・・・ビリヤード最高(´∀`)

ビリヤードをたっぷりと堪能した俺達は、特にすることもないので部屋に戻ることに。

そして、皆で部屋へ帰っていると、クラパの女子から声を掛けられました。

 

「今から部屋でパート会議するよ〜」

 

そうです、完全に忘れてたんですけど、夜中パートごとに集まってその日一日の反省などをするんです。

早速パート会議に向かいます。

会議をする部屋は、パーカッション(打楽器)パートとクラパ何人かの女子の部屋で、大きい部屋と奥にもう一つ小さな部屋がある部屋でした。

大きい部屋ではすでにパーカッションパートが会議をしており、クラパは仕方なくその奥にある、ちょっと小さめの部屋で会議をすることに。

すでに半分ほど来ており、皆来るのを待ってる状態でした。

・・・・つーか、皆の輪に入って座ってみると、これかなりオイシイ状況です。

風呂上りで、まだ髪も乾いてない女子高生達が、狭い部屋にぎゅうぎゅう詰め。

練習の時と似た状況ですが、こっちの方が遥かにオイシイです。

まず、皆風呂上りだというところ。

次に皆パジャマだというところ。

あと、何人かノーブラがいるところと、練習の時より狭い部屋なのでさらに密着度が高いところ。

 

 

そして、さっきから俺のひじがK先輩のおっぱいに当たっているところ。

 

さ、最高・・・(*´∀`*)

なんて言ったらいいんだろう、この感触。

ただ、柔らかいってだけじゃなくて「張り」がある。

「ふにふに」と言うよりは「ぷにぷに」っていう感じ。

とにかく最高(*´Д`*)b

そしてうれしい事に、まだ半分しかこの部屋に入ってないんです。

つまり、この部屋はまだまだ窮屈になります。

 

 

次回は、おっぱいに囲まれた俺をお伝えします(´ー`)

 

 

 

             

         戻る 目次 次へ